HOME>レポート>ダニ駆除を早くしてもらう方法【身体に現れる症状を知ろう】

ダニ駆除を早くしてもらう方法【身体に現れる症状を知ろう】

ダニ

もしダニが発生したとしても、ダニはすぐに視認できるような大きさではないので分かりにくいです。身体にはすぐに反応が現れるので、症状のことを知っておきすぐにダニ駆除できるようにしておきましょう。

みんなの口コミ

かゆみに襲われました

引っ越して住みはじめた部屋は、風通しが悪く、湿気が溜まりやすい状況でした。しかし家なんて仕事から帰ってただ寝る場所だという感覚でいたので、あまり気にせず暮らしていました。それで冬から春にかけては大丈夫だったのですが、夏になると、押し入れからカビの臭いが漂うようになってきました。ただ仕事で忙しかったので、押し入れの中を掃除したり、換気をこまめにしたりすることができなかったので、状態は悪化する一方でした。最終的にはダニが発生し、かゆみに襲われました。部屋の畳の表面だけでなく、寝具類に棲みついているみたいでした。寝具類に掃除機を当ててみましたが、奥に隠れてしまうのか、あまり効果はありませんでした。ダニに咬まれた部分は真っ赤に腫れ、ちょっと人には見せられない状態になってしまいました。カビ対策も含め、もっと早くにダニ駆除に取りかかればよかったと反省しています。
[50代/男性]

花粉症みたいな症状がでました

主人が仕事を退職した後、犬を飼いはじめたのですが、どこで拾ってくるのか、家の中にダニが棲みつくようになってしまいました。くしゃみや鼻水が頻繁に出て、夫婦そろって花粉症みたいな症状がでるようになりました。けれど花粉症の時期ではなかったので、最初のうちは風でも引いたのかと考えていましたが、一向に症状が治まりませんでした。主人が「犬のせいでダニが湧いたのかも」と言い出してようやく、そうかもしれないと気づきました。それならダニ駆除をすぐにしなければと、ホームセンターに行ってスプレータイプや燻煙タイプの薬剤を買ってきました。ダニの卵には効果がないようだったので、2週間に1度ペースで3回薬剤をまきました。しばらく様子を見ていましたが、しっかりダニ駆除できたみたいで、花粉症みたいな症状は治まりました。
[60代/女性]

広告募集中